information photo contact memo  /  Text Size : A A A
ことばが 尊いのではなくて

そうおもうこころが 尊い

ありがとう そのこころが




文句を言ったらきりがない。
愚痴をいっても、変わらない。

しあわせにならないことは、しない、言わない。

わたしが、しあわせであることと、
誰かが、しあわせであることは、同じこと。

同じ今日を過ごすなら、楽しく。
しあわせ感度は高くして。



Img_1bae3d4deedf109c702cbbf24f7c07c2e954114b
夕空。

雨が降り、
曇りになって、
のち、晴れ。

くるくる変わる空。

時間は

未来から

流れてくる





過去に、何があったとしても、
今、どこにいて何をしていようとも、
ふと、顔を上げて未来を見たとき、
そこからは、希望の風が吹いてくる。

希望の風に吹かれて、自由に。
流されるのではなく、
流れて行きたい。


おいしい は

しあわせ




夜ごはんは、モッツアレラ入りポークカツ。
モッツアレラ大好きなんですよ。

フランスのフロマージュも、もちろん好きです。

おいしいものを食べると、しあわせ。

人は どこから来て

どこへ行くのか

人は ここに生まれ

ここを 生きる





空が青く、高くなってきた。
夏、の空。

楽しいことを考える。
嬉しいことをおもう。
苦しいことは忘れ、
悔しいことは糧にする。

プライドは、進む勇気となり、
自信は、生きる強さとなる。

誰とも比べることなく、
ただただ、ここを生きるだけ。

誰かのために生きる時、
人は、強さを持つ。


ひとりではない。
いつのときも、どんなときも。



こころを 納めておきなさい

おおきく はみださないように

ちいさく 縮こまらないように





からだから、こころがどんどんはみ出てしまったら、
誰かの領域を侵してしまうかもしれない。

知らず知らずうちに、誰かを傷つけてしまうかもしれない。

からだから、こころがどんどん離れて縮こまっていたら、
自分が分からなくなってしまうかもしれない。

知らず知らずのうちに、自分を傷つけてしまうかもしれない。


大きすぎず。
小さすぎず。

ちょうどいい大きさで。

からだとこころを繋いでいたい。


それは、きっと、等身大のわたし。



ちからは

自分につかいなさい

自分を とおして

つかいなさい





「あした、お弁当持って行く」
ムスメが、そう言うので、
お弁当をつくりました。

高校の時は、毎日つくったなあ。
就職してからは、職場に食堂があるので、お弁当がいらなくなりました。

やれやれ。

でも、たまにはいいよね。
お弁当持たせた日は、安心。

空っぽのお弁当箱が、元気なムスメと一緒に帰ってきました。


おかえりなさい。
おつかれさま。